ホーム オンラインショップ 一点物超高級品

会津金虫喰塗 花生 伝統工芸士 吉井 信公作

サイズ Φ26×26.8cm

江戸時代より受け継がれる会津独自の技法です。
中塗直後の黒漆の上に大麦を蒔き付け乾燥後取除くと無数の凹凸ができます。
その上に銀粉を蒔いて、漆を塗り、ロクロで研ぎ出すと虫が葉っぱをかじったような模様がでてきます。
これが、会津虫喰塗の名前の由来です。




伝統工芸士 吉井 信公

昭和12年 会津若松に生まれる
昭和30年 物井与太郎師に弟子入り 虫喰塗を学ぶ
平成 9年 伝統工芸士 認定
平成18年 会津伝統工芸士会副会長
平成20年 叙勲(瑞宝単光章)


材質
[木製] 木製 (M) メラミン樹脂
[木繊] 木繊(中密度繊維板) (U) ユリア樹脂
[木粉] 木粉と樹脂の成型品 (N) ナイロン樹脂
[竹] 竹 (F) フェノール樹脂
[合成紙] 合成紙 (A) ABS樹脂
[紙] 紙 (P) PET樹脂
[陶胎] 陶胎 ※0 (P・A) 飽和ポリエステル・ABS樹脂
(ア) アクリル樹脂
塗装 原産地
(漆) 塗装 [日本製] 日本製
(ウ) ウレタン塗 [輸] 輸入品
(カ) カシュー塗 [輸加] 輸入加工品
(エ) エポキシ塗
(漆)+(ウ) 漆+ウレタン塗 ※1
(ウ)+(漆) ウレタン+漆塗 ※2
(ア) アクリル塗装
※0・・・陶磁器に漆を施し装飾したものを「陶胎漆器」と言います。
※1・・・漆+ウレタン塗は、漆の比率が50%以上の混合塗装。
※2・・・ウレタン+漆塗は、漆の比率が50%未満の混合塗装。
会津金虫喰塗 花生 伝統工芸士 吉井 信公作
販売価格

200,000円(税込216,000円)

購入数